『サウナのあるところ』パンフレット | kinologue(キノローグ)

1/1

『サウナのあるところ』パンフレット

¥ 500 税込

別途送料がかかります。送料 ¥ 200

サウナのロウリュ(蒸気)は
やさしく心を溶かしていく。

日常的にサウナを楽しむ国・北欧フィンランド

自宅やオフィス、夏小屋のプライベートなサウナから、湖畔や街なかの公衆サウナまで、約550万人の人口に対して約300万個のサウナがあるという、サウナの本場・北欧フィンランド。日本人にとってのお風呂のように、フィンランドの人々にとって、サウナは生活の一部であり欠かせないものである。本作では、50年以上連れ添った夫婦、父と3人の息子、気のおけない友人同士、仕事終わりの会社仲間、スイミングプールに集うシニア、クリスマスのお務めを終えたサンタ、寒さを凌ぐホームレスなど、様々な人たちがサウナで過ごす姿が描かれており、フィンランドの人たちのサウナの楽しみ方を垣間見ることができる。また、フィンランドの春夏秋冬の美しい自然とともに、DIYによるキャンピングカー型や電話ボックス型のサウナ、そのまま湖に飛び込めるサウナ小屋、首都ヘルシンキや2018年に世界サウナ首都を宣言したタンペレの歴史ある公衆サウナ、ランプを吊るしたテントサウナなど、バラエティに富んだユニークなサウナが登場する。世界幸福度ランキング2年連続1位(2018/19)となったフィンランドの人々の日常に、サウナのある“幸せ”を感じさせる異色ドキュメンタリーである。
 
寡黙なフィンランドの男たちが、身も心も裸になったサウナでは人生の悩みや苦しみを打ち明け号泣する。“サウナのあるところ” には「なにか」がある?

本作の登場人物は、フィンランドの名匠アキ・カウリスマキ監督作品で見られるような、シャイで寡黙と言われるフィンランドの男たち。そんな彼らが、身も心も裸になったサウナでは、自然と語り始める。離ればなれになった娘のこと、犯罪歴のある昔の自分のこと、かけがえのない“親友”のこと、先に逝ってしまった妻や子供のこと・・・心の奥底にずっとしまっていた人生の悩みや苦しみ、大切な想いを打ち明け、次々と号泣する。サウナはどんな人にでも平等な場であり、ロウリュ(蒸気)に包まれながら語られる14のエピソードは、重くて辛いものも多い。汗と一緒に涙を流して自分自身を取り戻し、語り合った者同士の絆を強くさせるような「なにか」が、サウナにはあることが伝わってくる。究極の癒しやデトックスの場としてだけでなく、日本の銭湯・温泉文化にも通じる、人とのつながりを感じる場としてのサウナの魅力を再発見する。

【パンフレット】
20P・オールカラー
<目次>
・INTRODUCTION:解説
・STORY:ストーリー
・サウナ文化を知るためのKeyword
・COLUMN:フィンランド・サウナ文化へのシンパシー(こばやしあやな)
・INTERVIEW:ヨーナス・バリヘル監督インタビュー

『サウナのあるところ』
2010年/フィンランド/フィンランド語/ドキュメンタリー/81分/カラー/ビスタサイズ(1.85:1)/5.1ch/DCP
原題:Miesten vuoro 英題:Steam of Life
日本版字幕:額賀深雪 字幕監修:坂根シルック
後援:フィンランド大使館、公益社団法人 日本サウナ・スパ協会
提供・配給:アップリンク + kinologue
https://www.uplink.co.jp/sauna/

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 500 税込

最近チェックした商品
    その他の商品